【小さな気づき】違う名前で生きる心地よさ

日々の小さな気づき

盆栽。

最後にこれを描いた記事も300記事に近づいてきました。

これまで「盆栽」という架空の名前いわゆるペンネームを使って文章を書いてきました。

書き始める当初は本名にしようかなと思ってましたが、なんとなく見てくれる人から水を与えてほしいな、ちょっとずつ育つのを楽しんでほしいなと思って、自分に「盆栽」という名前をつけました。

それから絵を描くアーティスト名も「bonsai」というサインを描くようになりました。

この時は、「自分の名前使わんって変なかんじー」ってぐらいの感覚でした。

 

その感覚が少し違ってきたのが、新潟で出会ったタクさんでした。

拓さんに「ボンサイくん」と呼ばれるようになって本名が全く呼ばれなくなりました。

あだ名とは少し違った感覚で、すごく新鮮で今までずっと使ってた名前を全く使わないで生きているのが面白く感じました。

 

そして北海道のゲストハウスで「Si(サイ)」という女の子に出会いました。

その人と初めて会ったときに「Siって呼んでねよろしく」って

言われて名前って自由なんだと知りました。

 

生まれてから両親からもらった「名字と名前」はもちろん大切なものなんですが、

自分でつける名前ってもっと大切なものなんじゃないかと思いました。

 

そして今東京で生きていて本名で呼ぶ人はほとんどいません。

「ボンサイくん」「ボンちゃん」「ボン」

全てボン関係です。

 

僕は僕ですが、ボンもぼくなんだなと思って書いてみました。

あのときつけた名前が関わってる人に呼んでもらえることを嬉しく思います。

 

盆栽。

コメント

タイトルとURLをコピーしました