寺田克也さんの個展「ハカリウリ」に行ってきた

イラスト

月曜更新をすっ飛ばした盆栽です。やってもーた。

 

僕が尊敬する線画のアーティストの寺田克也さんの個展に行ってきました。

その個展が「ハカリウリ」という名前で、大きな紙に切り取り線が描かれていて、一つ一つが区切られて描かれています。

1区画ごと販売されていて僕が行った時にはほとんど完売していました。

 

しかし、描かれていない区画があって「なんで真っ白なんだろう?」

と思ったのでスタッフさんに聞いてみると

「ライブドローイングで個展開催中に埋めていくんです」

とおっしゃっていて

上手くもう一回来たくなる仕掛けがされてるなと思いました。

 

個展を開催して、はい終了!見てってね〜っていうのではなく、

ちゃんと余白を残して作品が出来ていく過程を楽しめるのが

とても良いなと思ったので参考にさせてもらおうと思いました。

 

色味が違う2枚の絵はデジタルで描いた絵を和紙に印刷した作品でした。

 

細かいタッチで下書きなしで描かれていく姿には感動でした。

あがり症の僕は手が震えてペンを落とすと思います。

盆栽。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました