ダイソーは創造性の源

こんにちはどっしどしです

久しぶりの投稿です。

早速ですが、最近知った言葉で「限界は創造性の源」というのがあります。

響きからも何かカッコよさがうかがえるワードですが説明すると、これはフィル・ハンセンという芸術家がTed Talksで残した言葉です。

フィル・ハンセン画家で、元々は細かい点を打って描いていく繊細な絵を得意としていました。しかしある時手が震える神経障害にかかってしまい、今までの緻密な絵を描くことが出来なくなりました。

そこで一度は芸術から離れました。しかし悩んだ挙句震える手のまま絵を描き始め、グニャグニャの線を利用して描いた絵は以前の絵より遥かに評価が高くなったのです。

この経験から彼は”制約”があることにより人間の創造性が高まる事を知ったという話です。

 

僕はこの話を知った翌日にダイソー(百均)に行きました。家にどんぶりが無かったので買いに行ったのですが、そこで百均で売られている商品のクオリティの高さにめちゃくちゃ驚きました。。!!

(めちゃくちゃ便利なものめちゃくちゃ売ってるやん、、、!!!!)と

例えば、ティッシュケースや収納グッズその他あらゆる雑貨が僕のQOLを上げてくれるものだと確信しました。

ティッシュケースや収納グッズなどはその前にニトリで見たのですがどれも500円は軽く超えてきます。

それを遥かに凌ぐコスパとクオリティ。

そこで僕はあの言葉を不図思い出しました ”限界は創造性の源”  だと、、

僕ははっとして、周りの商品を見渡しました。この商品一つ一つが100円という厳しい値段設定の中、メーカーの皆さんが知恵を振り絞った結晶であり、人類の知恵だと。

それに気づいてしまったからには爆買いせずにはいられません。

いっぱい買ってしまいました。

これは芸術家や百均だけに言えることではなく、日々の選択肢の多さに翻弄されている自分にも当てはまる言葉だと考えました。迷って立ち止まるくらいならまずは絞ってみるところから始めようと。

みなさんも選択肢が多く辟易してしまった時、百均に行くことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました