やりたい!やってみたい!を掘り返す。

日々の小さな気づき

最近、また変な出会い方で、変な人と仲良くなりました。

その人は「やりたい!やってみたい!」を捨ててしまい自分が歩いてきた道に退屈を感じ、

目には見えない「なにか」を探していました。

 

この「なにか」ってすごく大事で、本当は知ってるものだったり、本当はわかっているものだ

ったりしますが、当事者の目には見えません。

探しても探しても見つからないから諦める。これも一つの手だと思います。

たぶん多くの人はこの選択してるんじゃないのかなと思います。

 

でも、ぼくはこの「なにか」の正体を知っています。

実はすごくすごく簡単なものです。

 

そして僕はその人の「それ」を勝手に拾い上げて、またやろうよって誘いました。

返事は思ってたとおりの答えでした。

またとても難しくとても苦しい道を歩くと思いますが、面白く進みたいと思います。

 

またお知らせします。

盆栽。

コメント

タイトルとURLをコピーしました