HSPにはノイズキャンセリングが必要。

ガジェット
ノイズキャンセリング

HSPとは

Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)といい

「人一倍繊細な人」という意味です。

これは病気ではなくて、一種の気質らしいです。

 

僕はこれに該当していて、ビジネス脳の時はそこまでキツくはないんですが、

主にアート脳の時にすごく敏感になります。

もし気になる人がいればセルフチェックをしてみてください。

↓↓

HSPセルフチェック

 

学生の時からこれには悩まされていて、特に雑音がよく聞こえてしまうため、クラス40人の教室は地獄のようでした。実家でも足音や声、生活音が響くとどうしても気が散っていました。

あとは強い光(太陽光やLEDの蛍光灯の光など)がどうしても苦手ですぐに目が痛くなったり、頭痛や体がだるくなります。

 

最近は昔よりも生活環境も変わり、自分でもコントロール出来ることが多くなっていて、脳の切り替えや部屋の設備などを変えられるようになったので、落ち着いていたのですが、あることがずっと解決できずにいました。

それは電車です。

東京に来てからというもの交通手段が電車がメインになり、時には満員電車や音の響く地下鉄などを利用することが多くなりました。大阪にいた時は、車に乗っていたので全然快適だったのですが、東京では車はほぼ必要のないものでした。

 

電車に乗ると常にアナウンスがなり、人が乗り降りするので、ずっと音(ノイズ)が鳴っています。

イヤホンはしていても聞こえてはくるし、、と思っていた頃に

AppleからノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンのAirPods Proが発売されました。

しかし、今までノイズキャンセリング機能をあんまり実感したことがなかったので、少し様子みようと思っていたらそこら中から聞こえてくる絶賛の声に傾いてきました。

実家に帰ったタイミングでうちのじぃちゃんが買っていたので付けさせてもらうと感動しました。

音楽だけがしっかり聞こえて、ノイズは全く聞こえない。

これがきっかけでノイズキャンセリングイヤホンを買うことに決めました。

 

使ってみての感想ですが、地下鉄でもノイズは聞こえないし、無駄に聞こえる話し声も聞こえてきません。すごく良いです。

今までずっとノイズに苦しめられてきた人間なのですごく助かりました。

 

HSPの人やHSP寄りの人は多少高い買い物かも知れませんが、絶対に買った方がいいです。

気疲れすることも軽減できると思います。

 

以上HSP高得点の盆栽からのレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました