【イラスト】それぞれの水の中

日々の小さな気づき
みんな自分の山を登る

僕は人の目をあまり見ながら話せません。

なぜかというと、目を見ながら話してしまうと目から入ってくる情報と口から聞こえる情報がお互いの情報を消しあってしまうため、話が入ってこなくなるからです。

 

目の中というものはとても情報が多く、口からは聞けない情報なども入っています。

本当に言いたいこと、心の中で思っていることなどがすごく伝わってきます。

 

人の目が僕はよく水に見えます。

水の中

その中ですごく透き通っている水や、汚く濁った水など人それぞれその時の感情などが影響して変化します。

迷いや悲しみなどのネガティブな感情が多いと濁ります。色も青ではなく、灰色のような色になります。

逆に綺麗な水の人はすごく幸せで今の現状に満足しています。色も綺麗な青系になります。

なぜ水に見えるのはわかりませんが元々羊水という水の中に居たからなのかなあと勝手に思っています。

 

それぞれの山

2作品目「それぞれの山」

この作品は「誰しもが自分一人の山を登っている」というのをテーマにしました。

自分が旗を持っていて、それを頂上に刺さないといけません。

つまり他の人の山は関係ないってことです。

所詮それぞれの山です。助け合っていても、共に生きようと誓っても、所詮は違う山なのです。

歩くしかないのです。

 

 

黒シルエットを使って表現してみました。

頂上に登るのはとても長く辛いし、標高高くなれば息はしにくいし、でも一歩ずつ歩けばゴールに少しでも近づくんじゃないんかなぁ。

 

盆栽。

コメント

タイトルとURLをコピーしました