無い物ねだり

日々の小さな気づき

あけましておめでとうございます!

今年の目標は「元気」!瀬汰_setaです。

 

 

年末から絵を描いていなくて、どーやって描くんだっけ?ってなってます。

 

ふと思ったのは、もしかして「生活感」と「描くこと」を体の中で融合させるのがめちゃくちゃ難しいのでは??ということです。

 

洗濯物回してから掃除機をかけて、

今乾いてる服を畳んでバスタオルを脱衣場にしまって、

お風呂掃除して洗面台をふいて、

お皿をふいて棚に閉まって、

薬局とスーパーに行ってメモの通りに買い出しして、そうそう、あまりお金使いすぎないことも念頭に、

旦那さんが美味しいって言う味付けでご飯作れるように下準備して

そんな幸せな毎日なんですが、

こういう生活感溢れる時間のあいまに、「よぉーーし時間出来たからちょっと絵でも描くか」が、

めちゃくちゃ難しいです。

 

以前それをやろうとしたとき、小一時間くらいキャンバスの前でお預けを食らってしまいました。

 

キャンバスが買えない、描く部屋がないときは「でかいキャンバスに描きたい描きたいうわぁーーーーんジタバタ」

ってしていたのに、環境ができたら出来たで描けないとは・・・

 

わたしが描こうとしているものは、現実や、生活から乖離したところにあるのでしょうか。自分でもよく分かりません。

 

盆栽くんは、多くの人が芸術を身近に感じられるように、ということを目掛けて活動していると思います。

 

そんな盆栽くんに反して、わたしは作品を作ろうと思うと「身近なもの」から遠くへ走り去っているのかも?と感じます。

 

以前のブログでも書いたのですが、「柳宗理さん」の言葉が胸に残っていて、

「本当の美は作るのではなく生まれるもの」「自然の摂理に則り無意識から作品は生まれる」

ということを体を通して実践してみようとすると、

 

なんというかこう、社会活動から身を切り離すような感覚になります。

 

それは別に、嫌なことでも苦しいことでもなくて、

「あぁ、こうなるのなんか不思議だなぁ」という感覚です。

 

無意識から美を生み出すことも、社会で自分の役割を全うすることも、どちらも選びたいです。

 

訓練あるのみです。

 

 

今年も元気にがんばりたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

瀬汰_seta

コメント

タイトルとURLをコピーしました