嘘ついてました

突然ですが
僕はこれまでの人生で嘘をついていました

正確には本当のことや本当の気持ちを言っていないと言った感じで、はっきりとした自覚はありません。

僕がいきなりそう思ったきっかけは
国会議員の立花孝志さんや、鴨頭嘉人さんのYouTubeチャンネルをみて気づかされました。

あの人たち、特に立花孝志さんは嘘は言いません。正確には思ったことをそのまま言ってそのまま動いているといった感じです。「自分は選挙は得意だけど、政治家は向いてない」や NHKでの政見放送でもNHKをぶっ壊す等と爽やかに言ってのける人です。もちろんそれに対して世間が騒ぎ、もちろんアンチも鬼のように攻撃してきます。そんな様子を僕は変わった人がいるなと他人事として傍観していました。

しかし、この立花さんの思ったことをそのまま発信する姿勢について鴨川さんのYouTubeで解説されているのを見て、ようやく他人事ではないと気づきました。

「自分はこれ、できてるか?」ふと疑問に思ったのです。もちろん自分がいきなり立花さんのように振る舞えるとは思っていません。
しかし思ったことを思ったまま発信はできていませんでした。

僕は普段、100%の嘘はついていないにしろ 他人に嫌われないように、気に入られるように自分の意見をいろんな加工をして相手に渡すのが癖になりました。そしてそれが上手くなってしまいました。
なので初めて会った相手にはだいたい好印象を持たれ、そのうちボロが出るというオチになります。

良くないループにいることはわかっていました。しかし怖いです。素で出した意見が否定され傷つくくらいなら味付けして出す方が楽なんです。
でも 虚しくなります。加工した意見認められても嬉しくないからです。

なので思ったことを言おう。

シンプルにそう決意しました。しかし多分無理です。怖くてまた戻ります。だから最低限自分がそのままを出せる人や場を見つけてアウトプットさせてもらう必要があります。 その点で盆栽さんは僕の中で貴重です。肯定してくれて、自分らしさを出すことをすごく喜んでくれます。そしてこのブログという場も用意してくれたことに今更気づきました。2週間ネタが無くて、書かなかった自分バカです。

批判されてもいいのでここでは言いたいこと言おうと思います。少しずつこのカッコつけを無くしていきたいです。

長文失礼しました。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました