お彼岸だった

日々の小さな気づき

20日のワンダーピースのイベントが終わり、家に帰ってとてつもない睡魔で寝落ちし、起きると身体がだるくて動かない。

2度寝、3度寝しても、ダルさは取れず、結局1日ダラダラすることにしました。

普段は体調が悪くなるので、長時間睡眠をしないのですが、時々すごく寝るときがあります。

おそらく身体が強制的に寝かそうとしてるのだと思うのですが、やることがあったり、時間を無駄にしたくないという気持ちが焦りを生んで余計にしんどくなります。

そして、その夜は

「明日は動くぞー」と意気込んで寝ましたが、起きると頭痛と身体のダルさが増している。

しかも、食欲と睡眠欲が爆発していて、いくら食べても満腹感がないし、どれだけ寝ても眠い状態でした。

急にポテチが食べたくなり、スーパーに駆け込み、3袋買って食べた時にやっと変だと気付きました。

あ、これはいつものお化け状態か!

と思っていましたが、家族から電話があり、20日からお彼岸だということがわかりました。

今年のお盆がそこまで体調崩さなかったので完全に油断していました。

意外とやられていると気づかないんです。気づかないようにされてるというか。

日本にいる以上、日本の文化というか行事ごとには引っ張られます。

簡単いうと、

お盆は向こうの世界からいっぱい帰ってくる期間。

お彼岸は向こうの世界との距離が近づく期間です。

陽の力より、陰の力が勝ります。

次は3月のお彼岸かなー。。

 

海外に逃げればこの体調不良から逃げるのか実験したいと思います。

この霊感体質はもう22年やってますが、慣れるものでもないので仕方がないことですが、今度からは一人にならないようにします。

とてつもない絶望感と孤独感、無力感で本当に死にたくなるので気をつけようと思いました。

今はとりあえず寝て、時が過ぎるのを待とうと思います。

おやすみなさい。

 

盆栽。

コメント

タイトルとURLをコピーしました