「わたしの道」

イラスト
わたしの道

「わたしの道」


交差点でわたしは悩んでいた。

染まってしまったほうが楽なのではないか。

 

モノクロ人間たちは白いレールの上を歩く。そのほかの道は決して踏まない。

わざとだろうか?誰かに教えられたからだろうか?

はみ出すと目をつけられて、勝手に口を出されて怒られるのを知っているからだろうか。

 

奈落のように見える場所もよく目を凝らせば道はあるし、足跡も光だってある。

モノクロ人間たちはその光を見ようとはしない。

安全な白と黒のはっきりとした世界しか見ない。

 

でもわたしは光が見たい。自分の足で歩いてみたい。

そして、わたしの道を作りたい。


 

「わたしの道」

でした。

渋谷のスクランブル交差点をイメージしました。

特に白と黒の世界では鮮やかな色は目立ちます。

少女は現実世界で悩んで悩んでいます。自分の居場所はここじゃないとわかっていながらも、いなくちゃいけない環境にある。だからいっそのこと、自分の色を消して白と黒の世界に染まってしまえばいいだと思いますが、そう簡単に心の色までは変えられません。

服や振る舞い方を変えたとしても心はなかなか変えられません。

なので心の色を強いターコイズ色にしました。

 

でも少女の目の前には綺麗な道がうっすらとあります。

この道に一歩でも足を出せるのかがこの少女の未来です。

楽しみに見守っていきたいです。

 

盆栽。

わたしの道

コメント

タイトルとURLをコピーしました