【自転車日本一周】6話目「無心になる」

自転車日本一周
自然の鏡

今日は快活クラブ 富山掛尾店から出発です。

ここはリニューアルされていて

無料のシャワーや無料のモーニング、ランドリーなどがあり、

旅人向きな施設ですごく助かりました。

 

モーニングは食パンとポテトが用意されていて、

トースターがあって、

マーガリンも置かれていました。

朝ごはん

今日の道はただただまっすぐの田舎道で、

富山市を抜け滑川市、魚津市、黒部市と進み

いつもの国道8号線に合流し

ずーっと海沿いを走ります。

太陽燦々

日本海からの風は冷たく、少し体が冷えました。

走っているときは

波の音や鳥の鳴き声などを聞きながら進みます。

海岸通り

休憩中は

水平線を眺めたり、カメラを構えたり。

どこまでも

新潟県

新潟県糸魚川市に入りました。

 

富山県の朝日町と新潟県は翡翠(ヒスイ)が取れる街だそうです。

翡翠とは鉱物のことでよくアクセサリーなどにも使われます。

 

そして糸魚川市から上越市まで続いている

「久比岐(くびき)自転車道」を使いました。

道を平坦に整備されているためとても走りやすく

追い風もありぐんぐんスピードが出ました。

展望台があったので↓

地球は丸い

何回見ても綺麗だなあと思ってしまうのは

この山々。

整列

 

日が傾き、今夜の宿探しですが、

なかなか良いところに出会えず

結局上越市まできてしまいました。

 

今日は小さな公園でテントを張りました。

無事に朝が迎えられますように。

 

今日の

走行距離・124,51km

走行時間・7時間23分

総走行距離・526km

 

明日の予定は長岡市まで!!

 

盆栽。

コメント

タイトルとURLをコピーしました