ジジイで何が悪い

日々の小さな気づき

私は「お年寄り」というものが嫌いです。

今は少子高齢化社会であり、

現在は一人のお年寄りを若者2、2人で支えています

これが2020年には1、9人

2065年には1、3人という超高齢化社会に突入します。

もちろんその頃には年金制度もなくなっているだろうと

考えられています。

 

だからこそ、昔頑張ったんだと踏ん反り返っている

お年寄りが嫌いです。

どんな時代でも人は頑張っていきています。

縄文時代の人も戦国時代の人たちも。

 

だからこそ、何歳でも自分の体が動き続ける限り

働くべきだと思っています。

なぜなら、やることがなくなってボケるよりかは

幸せに感じてもらえると思うからです。

もし、自分が65歳、70歳になれていたら

ずっと働きながら遊んでいたい。

 

そんな考えの私でも一番尊敬しているのは

「お年寄り」です。

まず、理由としては経験の数です。

これまで生きてきた軌跡はやはり勉強させてもらえる

ことがたくさんあります。

 

そして今日また面白いお年寄りに出会いました。

その方の年齢は80歳の男性。

身長は175センチぐらいですらっとしていて

背筋もピンとしていてハキハキと話される

すごく元気な方でした。

 

ふと目があって

「今日は良い天気ですね〜

スキー滑られるんですか?」

と話しかけました。

そこから少し世間話をしていると80歳ということが分かり

「すごいですね」というと

 

「80歳のジジイでもまだまだ動けるぞ

もう4泊目で毎日滑ってるけど楽しくて仕方がない」

 

かっこいいと素直に思わされました。

元は中小企業の社長をされていて引退した後は

全国を回りながら自由に生きている方でした。

 

お連れしていた女性がいたのですが

これは秘書だと説明されました。

あとあとこっそり教えていただいたのですが

25年間奥さん公認の不倫相手だそうで

彼女だそうです。

 

なんて元気なジジイだろうと感心していると

大きな手で背中をポンっと叩かれて

「好きに自由に生きろよ」

と。。

 

なんとなくこの人はすごい経験を

されてきたんだなとと圧倒されてました。

世の中には若者よりも自由に生きている

お年寄りがたくさんいるんだなと気づきました。

 

ちなみに二人が絶賛されて仲良く食べていたのは

フルーツがたくさん乗った

かわいいパンケーキでした。

 

どこまで若い。。。

 

盆栽

コメント

タイトルとURLをコピーしました