革命のファンファーレ

本・書籍

初めて

漫才師キングコングの西野亮廣さんを知ったのは

「革命ファンファーレ」という本でした。

そして絵本作家の西野亮廣さんを知ったのも

「革命ファンファーレ」でした。

 

この本には私の必要としている知識や情報がたくさん

詰まっていました。

「えんとつ町のプペル」の裏話や広告のしくみなどが

書かれていて、とても勉強になりました。

 

その中でとても共感したものが

「好きなことを仕事にする」というものでした。

昔を生きる大人たちは

ストレスのかかる仕事こそが仕事だと言います。

 

どうでしょうか。

今は昔に比べて職種も増えました。

そして新たな仕事も生まれています。

今を代表するのが「YouTuber」です。

自分たちで動画を撮り、編集し、YouTubeにアップする

そして広告収入でお金を得るという仕事です。

 

そんな仕事は10年前には存在のしない仕事でした。

たった10年で新たな仕事が生まれます。

 

動画の配信者、YouTuberは

ストレス=お金を稼ぐという考え方はないと考えます。

そして、次の新たな革命は

度々題材にしている

AI(人工知能)です。

このAIたちが今あるストレスのかかる仕事をやってくれるようになります。

 

そうなってしまった未来

今までストレス=お金を稼ぐという考え方だった人たちの

仕事は奪われてしまうのでしょうか。

 

時代の流れは私たちが思っているよりも早く

水面下で進行しており、大衆が気づいた時には

もう「当たり前」になっています。

 

私は恐ろしくもあり、未知の「時代」という波に

うまく乗れるように準備しようと思いました。

 

モットーの「好きなことを好きなだけ」というものを

大切にしようと思える気持ちを

この本に教えてもらいました。

 

好きなことを好きなだけし、それが信用を生み

その信用をお金に変え、さらに好きなことに使う。

 

そのサイクルを生み出したいと思っています。

 

この「革命のファンファーレ」は

私の転機になった本です。

人は本に成長させてもらえることが実感できました。

 

コメント