1日に100人とは話せない

日々の小さな気づき

日々生活していて、何人と出会い、何人とすれ違い、何人と話しているか

気になりました。

 

数えてみたところ、100人とはすれ違っていたりします。

でも話している人数となると、極端に数は減ります。

せいぜい20〜30人程度です。

 

さらに20〜30人の中から長く話した人に

絞るとさらに数は減ります。

意外と私は「話す」ということを疎かにしていました。

 

人と人の関係の上で大切な「話す」

それがないだけで相手がどう思っているのか

相手が何を考えているのか

わからなくなります。

だからと言って1日100人と話すとなると

すごく時間が必要になるし、エネルギーも使います。

 

しかし、ブログをほぼ毎日更新していると

時に100人に見てもらえることがあります。

私の思いを文に表すことで

無限の世界のインターネットを通して

世界中の人へ発信することが出来ます。

これはインターネットの強みです。

 

でもそこに会話というものは成立しません。

そこはインターネットの弱い部分、補えない部分です。

 

結局どちらも大切なことに気づきました。

毎日少しの会話、毎日少しの発信。

 

日々の小さな気づきも積み重ねると大きな気づきに発展します。

しかし、日々の小さな妥協も積み重ねると大きな惰性になってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました