ふるさと FUNKY MONKEY BABYS

日々の小さな気づき
ふるさと

私が大好きなFUNKY MONKEY BABYSの

「ふるさと」が

ドライブをしている時に流れてきました。

今から8年前にリリースされた曲で

NHKの「みんなのうた」で放送されていた歌です。

この時は13〜14歳の私にはしっくり来なかった歌でした。

”立ち止まって見上げた夕焼けの空
このまま帰ろうかな僕のふるさとに
母の胸に抱かれて眠る子供のように
優しく包み込んでくれるかい僕のふるさとよ”

その当時は地元の中学校に通っていたし

この歌詞の気持ちは全くわかりませんでした。

しかし、今は親元を離れて一人で生活をしていると

この気持ちがよくわかります。

あのとき分からなかった気持ちが今では痛いほど分かります。

 

生まれ育った町は暖かくこのまま眠ろうと

していまう環境です。

 

しかし、そこから一歩でも出れば違う環境が待ち構えています。

そんなときにこの歌がすっと入ってきました。

 

”気付いたら僕はずっと急ぎ足 ちょっと無理して背伸びをしたり
この街で今日も一人旅 寂しげに暮れる日の光
あの頃の僕だったら こんな未来をどう思うかな?
あの頃の僕にもう一度会いたいな”

 

今はもう解散してしまったFUNKY MONKEY BABYSですが

しっかり私の心の中に存在していました。

 

少し大人になった私を励ましてくれて、

頑張ろうと思える大好きな歌です。

 

YouTubeにはアップされていない歌でした。

リンクはありません、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました