風景写真・人物写真

日々の小さな気づき

風景写真と人物写真について書こうと思います。

イラストと写真の融合でも少し触れましたが、

本当は人物写真をたくさん撮りたいのですが、

人物写真は肖像権などがあり、勝手に撮ることが簡単ではありません。

それをブログに載せるとなるとインターネットに晒すことになってしまいますので、あまりしたくありません。

でも知らない間に撮っている方が自然な表情

撮影できるので個人的にはそっちの方が好きです。

それに対して、風景写真は撮影禁止とされていないところ

以外なら撮り放題です。

地球をモデルに好きな角度、構図で撮ることができます。

ですが、世界中のカメラ好き達が撮るせいで

残っている景色は限られてきています。

有名なパワースポット

世界遺産

観光名所

などなど。。

どこを撮っても誰かが撮った後だったりします。

この景色みたことあるな、となってしまうので

私的には好みではありません。

まだ見ぬ景色はたくさんあるので、撮っていくつもりではありますが。。

まだ誰も撮っていない、残っている場所は

「人」しかありません。

人を撮影するとき

人、表情、メイク、ファッション、セット、場所

などを変えればいくらでも作品は生み出せます。

そのモデルさんが一番輝いてる0,1秒を見逃さなければ

良い写真になります。

私が自転車で日本一周するときには

各地の風景とそこに住んでいる人たちを撮影しようと

思っています。

しわくちゃの笑顔も。

不器用な笑顔も。

頑張って田植えをしている人。

一生懸命に働く姿。

出会った人たちにお礼を込めて

写真をプレゼントしたいと思っています。

コメント