じゃんけん

この世の中には平等に何かを決めるときに使うものがある。

それがじゃんけん。

最初にこれを考えた人はノーベル賞ものです。

実際平等に見えて癖とかで偏る場合があり、

読まれると負けてしまう

実は奥が深いじゃんけん。

日々人と関わる上で、

すごく大切なじゃんけん。

みんなには性格があって、

誰かはグー、

誰かはチョキ、

誰かはパー

です。

ということは毎日誰かとじゃんけんをしていて

誰かに勝ち、誰かとあいこで、誰かに負けています。

気づかないうちに。

話してる途中で

この人には勝ちを譲った方がいいなと思うことがあると思います。

それはじゃんけんでわざと負けています。

というか負けるようになっていると言ったほうが正しいのかも。

全員に勝つことも、負ける必要もない。

そして、わざとあいこにし続ける必要なんて

全くありません。

ずっと相手に合わせていると自分の手がコロコロ変わって

自分の手が何かわからなくなります。

でも一番「強い」手の形はグーでもチョキでもパーでもない

握手です。

コメント