トイレのピエタ

今日は大好きな映画を書こうと思います。

2015年6月6日に

私の大好きなバンド

RADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんが映画の主演を

やると聞いてすぐに飛びつきました。

どんな映画なんだろうとネットで検索して

あらすじを見ました。

(https://radwimps-members.jp/archives/toilet/story.php)

面白そう。。。

その年の5月に松永大司 著

小説のトイレのピエタが発売されました。

すぐに買いに行き、1日で読んでしまいました。

感動し、映画までの時間が待ち遠しかったのを覚えています。

その1ヶ月後、映画が公開されました。

小説は読んでいるから展開は大体は把握しています。

そして大好きだとはいえ野田洋次郎さんはミュージシャンです。

ハードルは高くなっていたと思います。

ですが、そんなことは始まって5分で忘れていました。

その理由は小説を読んで自分の頭の中で思い描いていた

主人公の園田宏が

大きな画面に映っていたからです。

全く違和感がなく、すごく自然に演じられていました。

のちに知るのですが監督の松永大司さんは

この役をできるのは野田洋次郎さんしかいないと決めていたそうです。

宮田真衣を演じられた杉咲花さんの迫力には

圧倒されるものがありました。

私と同じ歳ということもあって恐ろしく思います。

私の特に好きなシーンは

園田宏がいろんな気持ちを抱えながら

『威風堂々』を鼻歌で歌うシーンがです。

そのシーンは心にグッとくるものがあり

何回も見た今でも涙なしでは見れません。

ぜひ気になった方はDVDレンタルや小説を買ってみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トイレのピエタ [ 松永大司 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/9/26時点)

楽天で購入

 

 

 

来週のヘビーロテーションは

「トイレのピエタ」の主題歌

ピクニックについて書きます。

 

コメント