三日坊主

三日坊主の人は周りにいますか。それとも自分自身がそうですか。

何をしても続かない。だいたい三日で辞めてしまう。

特に日記やダイエットなどがよくある例です。

さぁ明日から日記を始めるぞー!と意気込み新しい日記帳を買い

つけ始めたが、もう三日で辞めてしまった。とか

明日からダイエットのために走るぞー!と意気込んだ次の日

体調悪いから。など

適当に言い訳を考えてやらないなんてよくあると思います。

私も明日から朝早起きして走ろうと思い、準備して眠りにつくのですが

翌朝にはベッドから出られません。そして、大半が雨です。

なんで意気込んだ次の日ってあれだけ天気が悪いことが多いのでしょうか。

出来たとしてもだいたい三日以内にやめてしまいます。

そもそも「三日坊主」って誰が考えたのだろうと思い、いつものGoogle先生に。

語源は何種類かあるみたいですが、最も有力なのは

昔、お坊さんになろうと思い、出家したがあまりの厳しさと質素に

嫌気がして三日だけ坊主をやったことから。らしいです。

そのお坊さんのことは守りたくなるほど気持ちが分かります。

なかなか続けることは簡単ではないです。


じゃあ人は何事にも三日坊主なのかと問われると、そうではないはずです。

食べること、寝ること、服を選ぶことなど毎日することがあります。

ある本では人間は1日約9000回の選択をしているみたいです。

すごい数の選択をしています。

それでも早朝に走るという選択を出来ません。

ではなぜ出来ないか。

それは気づいているからです。

やりたくない、自分には向いていない。と。

やりたくないことずーっと続けることは本当に辛いです。

ストレスがかかってしまい体調が悪くなってしまったり、ダイエットのために食事制限でイライラし、人間関係を悪くしてしまったりだとか

かえって悪影響になってしまうことが多いです。

それを防ぐ方法に気づきました。

1つ目は「そのやっていることを止めること」です。

すごく簡単です。新しく買った日記帳もランニングシューズも捨ててしまいます。

ストレスがかかるなら最初からやらない。

2つ目は「自分の好きなことをすること」です。

自分が一番好きなことは絶対に三日で終わりません。

気づけば三日なんてあっという間です。

私が伝えたいのは

「三日坊主ではなく三日で気づいた」

ということです。

三日で自分の「したいこと」なのか「したくないこと」なのかの選別です。

気づくことはすごく大切で自分自身にしっくりきます。

でもやっぱり、諦めたくないなど思ったなら出来るだけ

そのことを好きなものにしていくこと。

私も日記帳は何冊も買いました。スケッチブックもいっぱい買いました。

やはり残っていません。

しかしこのブログを始めて20日目です。

私が文章書くことも絵を描くこともやめていないのは

このブログの中に面白さを見つけ、好きになったからです。

「三日坊主」で悩まれている方がいらっしゃれば客観視して

違う角度から見てみてください。きっと別の糸口があるはずです。


人に三日坊主だなと言われたら

「三日で気づいたんだ」

と言い放ってください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました