ラジオの周波数

ラジオの周波数

今日は気づきについて書こうと思います。

私はラジオをたまに聞くのですが、

今はradikoというラジオアプリで好きな番組を

検索するだけですぐに出てきて、

まさかの聞き逃しを防ぐタイムフリーという機能まで付いてます。

たまにぼーっと聴いていて、え?今なんて言った?ってなったとしても

タイムフリーで巻き戻せば聞き直せるんです。

驚異的です。タイムフリー。

小学生の頃はラジカセで聴いていて

肝心の曲紹介の歌手or曲名を聞き逃し、

大好きな曲なのに曲が探せない時がありました。

あの悶々とする気持ちはなんとも言えない感覚です。

ワンフレーズだけ知っているとかもありました(笑)

そんな声だけ世界を作るラジオという機械。

このラジオには周波数というのがあります。

その周波数を合わせることによって

そのラジオが聴ける、聞くのにお金は要りません。

この周波数はもちろん人には見えません。

でも機械には見えるんです。不思議です。

人間が見えないものを機械が読み取って

受信し、それを音に変えてくれているのです。

人よりも優秀です。

でも私は人と人の間にも周波数というものがあると

思っています。でもそれも目には見えません。

無意識のうちに交信し合っていて

受信と発信を繰り返しています。

そんなラジオみたいなことが起こっているのが現実です。

なんかこの人とは話が合うなとか

どうしてもこの人とは価値観や考え方が違うな

なんて感じることがあると思います。

それは周波数が合っている、合っていないの差だと思っています。

一つの価値観で一つの周波数にしてしまうから

周りとの摩擦や衝突、嫉妬などが生まれるのです。

聞きたくなければ周波数を変えればいいし、もっと鮮明に聞こうと思えば

相手の周波数に寄せることだって出来ると思います。

だってラジオが出来るのだから、

人に出来ないことはないと思います。